第16章 薬物療法

提供: 医療用語集
移動: 案内検索
1.概論
アゴニスト [英 agonist]作動薬、活性物質(反)アンタゴニスト
アンタゴニスト [英 antagonist]拮抗物質、拮抗薬・(反)アゴニスト
イエローペーパー [和製英 yellow paper ]緊急安全性情報の通称
医薬部外品 [英 quasi drug(クェーザイドラッグ)]
次の各号に掲げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和なものであって器具器械でないもの及びこれらに準ずるもので厚生大臣が指定するもの。
①吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止。
②あせも、ただれ等の防止。
③脱毛の防止、育毛または除毛。
④人又は動物の保健のためにする、ねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除又は防止。
院内処方集 [英 hospital formulary]
オーファンドラッグ [英 orphan drug]希少疾病用医薬品
ガーベ [独 Gabe]服用量 [英 dose(ドーズ)]用量
1回量 [英 single dose]
1日量 [英 daily dose]
過量 [英 overdose]
極量 [英 maximum dose]
許容量 [英 allowance]
小児量 [英 children's dosage]
常用量 [英 usual dosage]
成人量 [英 adult's dose]
耐量 [英 tolerance dose]
適量 [英 optimum dose]
有効量 [英 effective dose (ED)] [英 ED50]50%有効量
リーサルドーズ [英 lethal dose (LD)]致死量
(同)[英 fatal dose]
[LD50]50%致死量
劇薬 [英 separanda]
広域スペクトルの [英 broad spectrum]
交差(叉)耐性 [英 cross resistance]
サイドエフェクト [英 side effect]副作用
添付文書の副作用の項目で、「まれに」は0.1%未満、「ときに」は0.1-5%未満、「5%以上」および「不明」は記号を付さないことになっている。
歯科用医薬品
歯科用医薬品も薬事法により規制されているが、製造、輸入の承認に際し、経口および注射適用の場合には、通常の医薬品と同様に取り扱われているのに対し、局所適用のものは、歯科の特殊性を考慮して別に扱われてきた。流通面においてもそれらの歯科用医薬品は、医薬品販売業者である薬局等で取り扱われることが少なく、通常は特例販売業者の許可を受けて指定された歯科材料店によって販売されている。特例販売業者が取り扱うことができる歯科用医薬品を歯科専用医薬品と称している。
ゾロ新、ゾロ品 [英 generic drug]
ジェネリック薬、後発品
ゾロ新とは、ゾロゾロ出てくる新薬の意。医薬品の発売後、薬価が徐々に下がっていく日本の薬価基準制度では、製薬企業は、高い薬価がつく新薬を次々に開発することを迫られている。このため、化学構造式を一部変更、同じ程度の有用性しかない医薬品を新薬として申請することが目立ち、厚生省も承認してきた。こうした医薬品は業界で「ソロ新」と呼ばれる。
(関) [英 generic name](医薬品の)一般名
ターゲッティング [英 targetting]
標的組織への選択移行性を指向した製剤設計手法。
建値(たてね)
製薬企業の卸に対する販売価格。
治験薬 [英 investigational drug]
長期投与 [英 long-term administration]
転用薬
転用薬(スイッチOTC)とは、これまで病院でしか手に入らなかった医薬品を薬局で購入できるようにしたもの。 H2ブロッカーが1997.9より薬局の店頭に登場し、スイッチOTCが注目を集めるようになった。一般の大衆薬より効き目が高いものの副作用に注意する必要があり、H2ブロッカーの販売には店頭における薬剤師の説明が初めて義務づけられた。
二重盲検法 [英 double blind test (ダブルブラインドテスト)]
能書(のうしょ、のうがき) [英 package leaflet, package insert]医薬品添付文書
ノンコンプライアンス [英 noncompliance ]処方指示どうりに服薬しないこと
(関)コンプライアンス [英 compliance]服薬順守
ノンコンプライアント [英 noncompliant]処方指示どうりに服薬しない患者
パルス療法 [英 pulse therapy]
ある期間を置いて、間欠的に薬剤を投与する療法をいう。制癌剤、免疫抑制剤、ステロイド剤などのパルス療法がしばしば行われる。パルス療法として有名なのは、SLEの腎症に対するメチルプレドニゾロンの大量衝撃療法である。 1976年にE. S. Cathcartにより報告された方法で、1000mgを3日間、点滴で投与する方法である。
プラセボ [英 placebo]偽薬(同)[英 dummy]
プレメディ [英 premedication]前投薬
プロドラッグ [英 prodrug]
それ自体は薬理活性を示さないが生体内で代謝され活性化する薬物。
(例)Loxonin(ロキソニン、Infree(インフリー)など。
ブロッカー [英 blocker]遮断薬
ミッテル [独 Mittel]薬
(関)[英medication]投薬、薬物治療
メック [英 mEq]ミリイクイバレント
1Eqは、1当量(ナトリウムなら23)にグラムをつけただけの量とする。これをグラム当量というが、医学上はこの単位は大きすぎるので、その1000分の1のmEqにグラムをつけたミリグラム当量を使用することが多い。
(例) Ca2+のImEqは20mgである。
薬物耐性 [英 drug resistance]
薬事法 [英 pharmaceutical affairs law]
医薬品、医薬部外品、化粧品および医療用具に関する事項を規制し、それらの品質、有効性、安全性を確保することを目的として制定された法律。
約束処方 [英coded prescription]
薬物療法 [英 medicinal treatment, drug treatment, pharmacotherapy]
薬局方(やっきょくほう) [英 pharmacopoeia]
医薬品として基礎的かつ重要な薬品を選んで、その製法、性質、品質等の基準を国家的に定め、法的強制力をもたせたものを薬局方という。各国でそれぞれの薬局方(我が国では日本薬局方Japanese Pharmacopoeia)がある。薬局方に収載されている医薬品を、局方薬(remedia officinalia)という。
要指示薬 [英 ethical drug, drug requiring direction from a doctor]
医家用薬、医家向け。薬事法第49条第1項の規定に基づいて、厚生大臣が指定するもので、医師・歯科医師・獣医師の処方箋または指示によらなければ、販売または授与してはならない医薬品である。
「注意 医師等の処方せん、指示により使用すること」の記載が義務づけられている。
(例)抗生物質、抗結核薬、化学療法剤、放射性医薬品など
臨床試験 [英 clinical trial ]
(略)治験。
新しい医薬品を市販する前には、ヒトを対象とした試験を行い、承認を得なければならない。この一連の試験を臨床試験という。第1相(フェーズ1)、第2相(フェーズ2)、第3相(フェーズ3)に分けられ、段階的にその薬が医薬品として適切なものであるかを試験するものである。そのような段階で使用される薬を治験薬と呼んでいる。第1相では主に、ヒトの体内での薬のさまざまな動き(吸収、代謝、排泄)や反応性が検討され、第2相では少数の患者を対象に、主に有効性と投与量の検討が行われ、第3相では、比較的多数の患者を対象に、有効性と安全性の検討が行われる。
レツェプト [独 Rezept]処方箋 receipt (レシート)、[英 recipe]
Cmax
最高血中濃度
DDS [英 drug delivery system]薬物輸送系、薬物送達システム
DI [英 drug information]
医療従事者への医薬品情報の提供を通じ、合理的薬物療法の発展をはかり、医療の向上に寄与することを目的とした業務。
GCP [英 good clinical practice]治験実施基準
医薬品の臨床試験の実施に関する基準。
GMP [英 good manufacturing practice ]
医薬品の製造および品質管理に関する基準。
GPMSP [英 good past-marketing surveillance practice]
市販後調査基準。医薬品の市販後調査の実施に関する基準。
IND [英 investigational new drug]治験薬、研究用新薬
OTC [英 over the counter (drugs)]一般薬(店頭販売薬)、大衆薬
MIC [英 minimum inhibitory concentration]最小発育阻止濃度
TDM [英 therapeut ic drug monitoring]
薬物血中濃度モニタリング
薬物の血中濃度を測定し、その結果をもとにして患者の状態に応じた薬物治療を行うことをさす。薬物の血中濃度がその有効性や副作用発現と関連している場合が多い。対象となる薬剤は、強心薬(ジゴキシンなど)、気管支拡張薬(テオフィリンなど)、免疫抑制剤(シクロスポリンなど)、抗うつ薬(フェノバールなど)、抗不整脈薬(リドカインなど)、抗生物質、アスピリンなどである。
Tmax
最高血中濃度到達時間
U [英 unit]単位
2.剤形
うがい薬 [英 gargle] [ラ gargarisma]
エアロゾール [英 aerosol]
液剤 [英 liquid drug]
外皮用薬 [英 dermatologic agent]
[英 application, external medicine, medicine for externalapplication, ointment]
軟膏や貼り薬、点眼薬、坐薬のように皮膚や粘膜から薬効を吸収させるもの。
顆粒 [英 granule medicine]
丸薬 [英 pill] [ラ pilula]
練り合わせて丸玉などにして飲みやすくしたもの。
散剤(粉薬)
[英 powder medicine]粉状の薬 [ラ pulvis](略)pulv.
一包み、一服、一袋と数える。
シロップ [英 syrup](略)syr.
ズポ(Supp.) [英 suppository]坐薬 [ラ suppositorium]坐薬
舌下錠 [英 sublingual tablet]
点鼻液 [英 nasal drops(ネイザルドロップ)]
糖衣 [英 sugar coating]
トローチ [英 troche]小さな円盤状などの形をしたなめる口内薬。
内服薬 [英 oral medicine]
軟膏 [英 ointment, salve]
バッカル錠、口内錠 [英 buccal tablet]
C (cap) [英 capsule]カプセル
ゼラチンで作った筒状の入れ物に薬を入れたもの。
DS [英 dry syrup (ドライシロップ)]
主薬に白糖や分散剤を混合して顆粒状に製したもので、主に小児を対象とした剤形の医薬品である。用時適量の水を加えて溶解し、ペースト状、シロップ状とするか、水を加えずにそのまま服用することもできる。
s.s. [英 simple syrup]単シロップ
[ラ sirupus simplex]
白糖を85%含有する濃稠な水溶液で、甘味剤として、種々の薬剤の味付けに用いる。
T(tab) [英 tablet]錠
でんぷんやアラビアゴムなどを加え、丸玉や小さな円盤状などに圧縮成形して飲みやすくしたもの。一錠、一粒、一瓶と数える。
3.用法
混和 [英 misce](略)M
暫減(薬量の) [英 tapering]
単味(たんみ)
1種類の医薬品のみの処方。
塗布 [英 painting]
頓服(とんぷく)
検査、疼痛、発作時など局部的に服用するものをいう。
(例)[英 at pain time]疼痛時、[独 beim Schmerzenzeit]疼痛時、[英 as necessary]必要に応じて、[ラ pro re nata(prn)]必要に応じて
内服 [英 oral administration]
内用(薬剤などの) [英 internal use]
鼻腔内滴下 [英 intranasal instillation]
用法(薬剤の) [英 direction for use]
DC [英 discontinue ](投薬を)中止する
dil. [ラ dilut]希釈した(処方用語)
N.P.O. [ラ no per os]絶飲食 [英 nothing by mouth (NBM)]
P.O. [ラ per os(ペルオス)]経口(処方用語) [英 by mouth]
Rp(Rx) [英ラ recipe(レシピ)]処方せよ(処方箋の筆頭に用いる語)
(例1)セフソン100mgカプセルを1日3カプセル、4日分処方するので食後に服用してください。
Rp)Cefzon(100)3C auf 3×ta"gl. n.d.E. G.4TD
Rp)Cefzon(100)3C/3×、n.d.E. G.4TD
処方)セフゾンカプセル(100mg)3カプセル 1日3回 毎食後 4日分
処方)セフゾン(100)3C 分3 毎食後 与4日分
(例2)ボルタレン25mg錠を1回2錠、5回分処方するので疼痛時に服用してください。
Rp)Voltaren(25)2T G.5 mal beim Schmerzenzeit
処方)ボルタレン錠(25mg) 2錠 疼痛時頓用 5回分
4.処方用語
(1)英語
食前 before meals
食後 after meals
食直後 immediately after meals
食間 between meals
就寝前 at bedtime, before retiring
毎時 every hour
~時間毎 every ~hours
疼痛時 at pain time
用法口授 as directed
1日2回 twice a day
1日3回 three times a day
1日4回 four times a day
服用 take, recipe, Rp
毎日 every day
隔日 every other day
毎週 every week
必要に応じてas necessary
半分 a half
(2)ドイツ語
食前 vor dem Essen (v.d.E.)
食後 nach dem Essen (n.d.E.)
食直後 sofort nach dem Essen (sofort n.d.E.)
食間 zwischen dem Essen (z.d.E.)
就寝前 vor dem Schlafengehen (v.d.S.)
~時間毎 jede ~Stunde
疼痛時 beim Schmerzenzeit
用法口授 nach Bericht
1日2回 auf 2 X ta"gl. (auf zweimal ta”glich)
1日3回 auf 3 X ta"gl. (auf dreimal ta”glich)
1日4回 auf 4 X ta"gl. (auf viermal ta”glich)
与3日分 Gebe 3 Tage Dosen (G.3TD)
服用 zu nehmen
(3)ラテン語
食前 ante cibos (a.c.)
食後 post cibos (p.c.)
食直後 statim post cibos (stat.p.c.)
食間 inter cibos (i.e.)
就寝前 hora somni (h.s.)
毎時 quaque hora (QH)
~時間毎 omni ~hora
用法口授 ut dictum
1日2回 bis in die (bid)
1日3回 ter in die (tid)
1日4回 quater in die (qid)
毎日 quaque die (QD)
隔日 quaque other die (QOD)
必要に応じて pro re nata (PRN)
半分 semissen (s,ss)