第14章 感染症

提供: 医療用語集
移動: 案内検索
易感染患者 [英 compromised host]逆隔離の項参照。
院内感染 [英 hospital infection]
ウイルス [英 virus]濾過性病原体
virusは、英語ではバイラス、ドイツ語はビールスと発音する。ウイルスというのは日本ウイルス学会が提案した日本名で、ラテン語の発音に近い。ウイルスの大きさは、20-450 nmである(1nmは10億分の1m)。サッカーボールをウイルスとすれば、人間はほぼ地球の大きさに相当する。
エボラウイルス [英 Ebola virus]エボラ出血熱の原因ウイルス
エボラ出血熱は、すでに1976年に数百人の死者を出しており、1995年にはザイールで発生し、激しい全身出血を引き起こし、異常に高い死亡率で有名になった。
◇エボラウイルスなど9種類のウイルスは、レベル4ウイルス(level 4 virus)に指定されている。レベル4ウイルスは、国立感染症研究所による病原体の危険度分類では「個体および地域社会に対する危険度がもっとも高いウイルス」のこと。
エマージングウイルス [英 emerging virus]エマージングとは「出現する」の意味である。
1970年代以降は、世界各地でエマージングウイルスの報告が相次いでいる。このようなウイルスには、エボラウイルス、ラッサ熱ウイルス、HIVなどがある。
エンドトキシンショック [英 endotoxin shock]
グラム陰性桿菌によるエンドトキシンショックは敗血性ショックのなかでも重症で死亡率が高く、DICへと移行しやすい。
カンジダ症 [英 candidiasis]
感染症 [英 infectious disease]
WHOの1995年の報告によると、世界で1年間に1,700万人が感染症で死亡しており、これは全死亡者の約3分の1にあたる。一日あたりに換算すると約5万人で、犠牲者の大半は第三世界の子供だ。中でも結核は300万人、マラリアは210万人が死亡と猛威をふるっている。感染者はマラリアが3-5億人、住血吸虫病が2億人、HIVが2,000万人などと推定されている。
◇1897年に制定された「伝染病予防法」の見直しを進めている厚生省は、現在検討中の新法の名称に「伝染病」という言葉を使わず、「感染症」に改めることを決めた。
寄生虫疾患 [英 parasite disease, helminthiasis]
回虫(Ascaris lumbricoides)は小腸腔内に寄生する。江戸時代から第二次大戦まで日本人の回虫の感染率は40-60%であった。
◇最近日本でアレルギー疾患が増加しているのは、日本人の回虫の感染率の低下に関係しているとの説がある。回虫がヒトに感染すると、ダニやスギ花粉と結合できないlgE抗体を多量に産生し、これがヒトのアレルギー反応を抑制するという説がある。
狂牛病 [英 bovine spongiform encephalopathy]
ウシ海綿状脳症。脳にスポンジ状の組織欠落がおこり、結局は脳神経系全体の異常により1年から数年のうちに死亡する。イギリスにおいて1986年に初めて確認されて以来、10万頭以上のウシが同病と診断され、処分されているが、潜伏期間が10年前後と長いため、実際の感染牛は数百万頭にものぼるとされる。離乳食として与えた飼料の中におそらくスクレイピーに侵されたヒツジの汚染肉が混入していたためと考えられている。同様の病気は、人間(クロイツフェルト・ヤコブ病Creutzfeldt-Jakob diseaseやクールー病)をはじめ、ビツジ(スクレイピーscrapie)、ネコ、ミンク、ヘラジカなど多くの動物で報告がある。これらはプリオン(prion)と呼ばれる耐熱、耐薬品性の単一の病原蛋白によっておこるとされている。
クロイツフェルト・ヤコブ病 [英 Creutzfeldt-Jakob disease]
狂牛病の項参照。
C肝(しーかん) [英hepatitis C]C型肝炎
歯性感染症[英 odontogenic infection]
【歯性感染症からの主な分離菌】
口腔レンサ球菌(Streptococci) 50%
ペプトストレプトコッカス(Peptostreptococci 26.4%
バクテロイデス(Bacteroides)         8.1%
ブドウ球菌(Staphylococci)          4.0%
腫瘍ウイルス [英 oncogenic virus, tumor virus]感染して腫瘍を作るウイルス
シュード(Ps.) [ラ Pseudomonas aeruginosa(シュードモナスアエルギノーザ)]緑膿菌
ゼプシス [独Sepsis]敗血症
[英 septicemia]敗血症 (関) septic shock [英]敗血性ショック
テーベー (TB) [英 tuberculosis]結核(症)
[独 Tuberkulose]結核
(関)[英 Mycobacterium tuberculosis]結核菌
バイオハザード [英 biohazard]生物による危険性、有害性
ピオ [英 pyocyanine]緑膿菌
緑膿菌は、水溶性の緑色色素(ピオシアニンpyocyanin)を産生する。
B肝(びーかん) [英 hepatitis B]B型肝炎
ヒブ [英 human immunodeficiency virus (HIV)]
HIVのエンベロープ糖蛋白gpl20は、感受性細胞(ヘルパーT細胞、マクロファージ)の表面にあるCD4分子に特異的に結合する。
病原体 [英 pathogen]
一般的には、感染性の疾患において、外部からもち込まれた疾患の原因になるもの、特に生物またはそれに近いものが病原体といわれる。
日和見感染 [英 opportunistic infection]
ファンガス [英 fungus]真菌類
ペット感染症 [英 pet-infection]
人畜共通伝染病(zoonosis)のうちで特にペットなど身近な動物から人間に感染する病気。
(例)鳥から感染するオウム病(psittacosis)、ハトの糞が感染源であるクリプトコッカス症(cryptococcosis)、ネコの糞が感染源であるトキソプラズマ症(toxoplasmosis)、他にアメーバ赤痢(amoebiasis)、カンピロバクター下痢症(Campylobacterenteritis)、Q熱(Q fever)など。
ムンプス [独 Mumps]流行性耳下腺炎、おたふくかぜ
ユニバーサルプリコーション [英 universal precautions (UP)]
すべての血液、体液等は感染の危険性があるとして感染予防対策を実施すること。
“CDC(the Centers for Disease Control and Prevent ion)Guide line for Isolat ion Precaut ions in Hospitals"参照。
(関)[英 precaution]用心、警戒、予防措置
わし(W氏) [Wassermann reaction]ワッセルマン反応
(同)[英ラ syphilis(シフィリス)]梅毒 [独 Lues]梅毒
(関)[英 treponema pallidum hemaggulutination assay(TPHA)]梅毒トレポネマ血球凝集反応
AIDS [英 acquired immunodeficiency syndrome]後天性免疫不全症候群
CD4陽性細胞数が200/μ1以下になったとき、真のAIDSになったと判定される。
◇ディープキスでのHIV感染を報告
〔米ジョージア州アトランタ〕米疾病管理センター(CDC)の疫学者、Scott D. Holmberg博士らは、CDC発行の『Morbidity and Mortality Weekly Report』(46 : 620-623)で、ディープキスによってHIVが感染したと考えられる最初のケースを報告。報告されたのは、男性から、決まった性的パートナーである女性にHIVが感染したケースで、同博士らは、男性の唾液中の血液がウイルス源で、その血液は歯肉からの出血によるものと見ている。この女性は、双方が口を開けてのキスであるディープキスの際に血液に曝露したと見られており、HIVは女性の口腔粘膜の傷から血中に入ったと考えられる。女性の歯科および医療記録は、口腔衛生状態が良くなかったことを示していた。 CDCに報告された約50万例のエイズ患者のうち、唾液への曝露が原因と考えられる症例はこれまで1例も存在しなかった。 Holmberg博士は「今回の症例は血液で汚染されたどのような体液もHIVを伝播する恐れがあり、口腔は粘膜があるためHIVの侵入口となりうることを示すものだ」と述べている(Medical Tribune.1997.10.9)。
ARC [英 AIDS related complex]AIDS関連症候群
CMV [英 cytomegalovirus]サイトメガロウイルス
CRS [英 congenital rubella syndrome]先天性風疹症候群
EBV [英 Epstein-Barr virus]エプスタインーバーウイルス
伝染性単核球症(infectious monotiucleosis)などを起こす。バーキットリンパ腫(Burkitt lymphoma)と上咽頭癌の原因と目されている。
HP [英 Helicobacter pylori (ヘリコバクターピロリ)]
胃内で生存するラセン状の鞭毛をもつ好酸性のグラム陰性桿菌。胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌の原因と疑われている。
HPV [英 human papilloma virus]ヒト乳頭腫ウイルス
ヒトでは子宮頚癌との関係が疑われている。
HSV [英 herpes simplex virus]単純性ヘルペスウイルス
HTLV [英 human T cell leukemia virus]ヒトT細胞白血病ウイルス
HZV [英 herpes zoster virus]帯状疱疹ウイルス
小児では水痘([英 chickenpox]、[英ラ varicella])を起こす。水痘は一般には水疱瘡(みずぼうそう)と呼ばれる。成人では帯状疱疹([英 shingles]、[独 Zoster]、[ラ herpes zoster]となる。
MDPR [英 multi-drug resistant pseudomonas]多剤耐性緑膿菌
MRSA [英 methicillin resistant Staphylococcus aureus]メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 (略)マーサ、マルサ
日本化学療法学会の定義によれば、MRSAとは、オキサシリンの最小発育阻止濃度(MIC)が4μg/mlに等しいかそれ以上の黄色ブドウ球菌である。 MRSAの抗菌剤治療の項参照。
MRSE [英 methicillin resistant Staphylococcus epidermidis]メチシリン耐性表皮ブドウ球菌
MSSA [英 methicillin sensitive Staphylococcus aureus]メチシリン感受性黄色ブドウ球菌
O 157 [英 E. coli 0157]病原性大腸菌(enteropathogenic E.coli;EPEC)の1つ。
腸管出血性大腸菌0 157 の病原性はベロ毒素(Vero toxin; VT)が担っている。
STD [英 sexually transmitted disease]性感染症
TP [英 Treponema pallidum]梅毒トレポネーマ
TR [英 tubercul in reaction]ツベルクリン反応
UTI [英 urinary tract infection]尿路感染症