第11章 画像診断

提供: 医療用語集
移動: 案内検索
アーチファクト [英 artifact]
人工的産物。本来被検体にないが、データ取得と画像再構成過程で発生する虚像である。
アンジオグラフィー [英 angiography]
血管造影法
陰影 [英 shadow]
陰影欠損 [英 filling defect (FD)]
液面形成 [英 air-fluid level]
横断像 [英 axial CT (or MRI) image]
軸位横断像
オルソパントモグラフィ [英 orthopantomography]
断層撮影の原理を利用したパノラマ撮影の一方法である。撮影されたX線写真をrthopantomogram (オルソパントモグラム)という。
(関) [英 ― gram]図 (例) orthopantomograph (オルソパントモグラフ)
核医学 [英 nuclear medicine]
アイソトープで標識した物質をトレーサ(追跡子)として、診断、治療、医学研究に応用する分野。
カセッテ [独 Kassette]
可視光や機械的損傷からX線フィルムを保護する目的で、撮影の際にフィルムを挿入する容器である。
画像診断 [英 medical imaging, image diagnosis]
冠状断像 [英 coronal CT (or MRI) image]
前額冠状断像
キャビティ [英 cavity]
空洞。 X線画像で肺に円形の透明な像が見える場合などに使う。
急現(きゅうげん)
X線フィルムを至急現像すること。
コインリジョン [英 coin lesion]
コイン状陰影、銭形陰影(せんけいいんえい) (同)円形陰影、結節状陰影
肺のmeta等でみられるX線所見。最大直径4cm以下のものを銭形陰影、4cm以上のものを塊状陰影とよぶ。
骨折線 [英 fracture line]
ジアログラフィー [英 sialography]
唾液腺造影法
ジアログラム [英 sialogram]
唾影像
歯科用X線フィルム [英 dental X-ray film]
歯肉癌の骨吸収像
歯肉癌(carcinoma of the gingiva)の骨吸収像(bone resoption)には、浸潤型(permeated type)、虫喰型(moth-eaten type)、舟底型または皿状(pressure type)がある。X線所見には他に、浮遊歯(floating tooth, tooth standing in space)、スパイク状根(spiked root)などがある。
シャウカステン [独 Schaukasten]
X線フィルム読解板 viewbox[英]観察箱
シュルンペる [独 Schrumpfen]
縮む、収縮する、つぶれるの意味。肺のX線写真で肺の一部がつぶれているときに使うことがある。
浸潤状の骨吸収像 [英 infiltrative bone resoption]
シンチ [英 scintigram]
シンチグラム
ガリウムシンチ [67Ga scintigraphy]
腫瘍シンチグラフィー(悪性腫瘍に比較的集積する)
テクネシウムシンチ [英 99m Tc scintigraphy]
骨シンチグラフィー(骨反応の盛んなところに集まる)
唾液腺シンチ [英 99m TcO4- scintigraphy]
唾液腺シンチグラフィー。99m TcO4- (パーテクネテート)約200MBq静注5-10分後にカンマカメラにて正面像、左右の側面像を撮影する方法。
石灰化 [英 calcification]
X線不透過性(radiopacity)を示す。
スライス [英 slice]
①切片、②CTやMRIの1カット。
造影剤 [英 contrast medium]
造影C T [英 contrast enhanced CT]
造影剤投与後にCT撮影を行う方法。前処置として絶飲食とする。
超音波検査 [英 ultrasonic examinat ion (US)]
カラードップラー法 [英 color dopplor ultrasound (or sonography, ultrasonograpy)]
血流の方向や流速などの情報を断層エコー図上に重ねて表示することができ、腫瘍などの組織内の血流の検討も可能となっている。一般には血流方向は赤と青で(プローブに近づくものは赤色系、遠ざかるものは青色系)、血流の大きさは輝度で(早い血流ほど明るく)、また血流のばらつきの度合は緑色を混ぜることで表している(乱流では緑の色調が強くなる)。
超音波ドップラー法 [英 ultrasonic doppler flowmeter]
ドップラー効果を応用して血管内の血流を非侵襲的に計測することができる検査法である。連続波ドプラ法、パルスドプラ法、カラードプラ法がある。
頭頸部画像診断 [英 head and neck imaging]
トモ [英 tomography]
断層撮影法
トレーサ [英 tracer]
追跡子。放射性元素を非放射性元素の挙動を追跡する指示物質として使う方法。
内視鏡検査 [英 endoscopy]
鉛エプロン [英 lead apron]
プロブ [英 probe]
探触子。超音波検査装置において、生体に密着させて超音波を発信し、生体からもどってくる反射波であるエコーを受診する部分。
ヘリカルCT [英 helical CT]
CTの一種で、被験者に対してX線管球がらせん状に連続回転して投影データを収集する方法。通常のCTに比較して短時間に分解能の優れた三次元画像を得ることができる。
放射線 [英radiation]
放射線学的診断 [英 radiological diagnosis]
レ線 [英 X-ray examination]
X線検査
10-day rule
10日規則。妊娠可能な女性に対し放射線診断を行う場合には、問診によって月経周期を確かめ、妊娠の可能性のない時期を選ぶ。
CPA [英 costophrenic angle]
肋骨横隔膜角
CR [英 Fuji computed radiography (FCR)]
輝尽性蛍光体をX線フイルムの代わりに用いて従来のX線撮影装置で撮影する方法。日本の富士フイルムが最初に開発したので、FCRと呼ぶが、現在ではCRと呼ばれることが多い。
CT [英 computed tomography]
コンピュータ断層撮影法。画像は微小な画素(ビクセルpixel)からなるマトリックス(matrix)上に再構成される。さらに各ビクセルに断層厚を乗じた単位体積(ボクセルvoxel)に含まれる平均X線吸収値の大小に応じて白黒濃淡のある画像として表示される。ボクセル内のX線吸収値を表す単位として、水を0、空気を-1000とした相対的なCT値が用いられている。CT値はCTの開発者であるHounsfield博士の名をとりHounsfield Unit(HU)とも呼ばれている。
◇X線CTでは、X線の透過の悪いところを白く(high density)、透過性の良いところを黒く(low density)表示するが、MRIでは、放出される電磁信号の強いところを白く(高信号、high intensity)、弱いところを黒く(低信号、low intensity)表示する。
◇腹部を撮影するときには、前処置として絶食とする(消化管の蠕動を少なくする、胆嚢を収縮させない)。
CTR [英 cardiothoracic ratio]
心胸郭比、心胸郭係数。CTRが50%以上は心拡大を示す。
IVA [英 interventional angiography]
血管内に挿入したカテーテルを用いて、血管そのものを、あるいは血管を介して病変部に到達し、これを治療する方法。
IVR [英 interventional radiology]
画像診断技術を応用して、病変部に経皮的に接近または到達し、各種疾患の治療や病理組織生検などを行おうとするもの。
MRI [英 magnetic resonance imaging]
磁気共鳴画像法。生体には水のほかにもIHを含む分子は数多く存在するが、実際に信号として画像構成に参画するのは水と中性脂肪のみと考えてよい。それは、その他の分子のT2があまりに短すぎて信号を受信する前に減衰してしまう(蛋白質のような高分子の場合)か、密度が低すぎて信号を雑音と区別できない(ビタミンなど微量な物質)のためである。したがって、脂肪組織を除けば、MRIは水からの信号を画像化しているといえる。IH原子核のきわめて少ない、強い石灰巣、骨皮質、空気(肺)などはほぽ無信号である。脂肪はT1値が短くT2値が長い。くり返し時間(TR)とエコー時間(TE)との関係により、いくつかの強調画像が構成される。
縦緩和時間(T1)
T1はMRI信号の回復能力の指標o T1が長いほど信号は弱い。
T1WはT1強調画像の意。一般にT1強調画像としてはTR200-600ms (短いTR)、TE10-30ms(短いTE)が選ばれる。
横緩和時間(T2)
T2はMRI信号の持続能力を示す。T2が長いほど信号は強い。T2WはT2強調画像の意。一般にT2強調画像としてはTR1800-3000ms(長いTR)、TE80-120ms(長いTE)が選ばれる。
プロトン密度強調
TR1800-3000ms(長いTR)、TE30ms程度(短いTE)が選ばれる。
RI [英 radioisotope]
放射性同位元素
TAE [英 transcatheter arterial embolization]
経カテーテル動脈塞栓術。経皮的血管カテーテルを用いて異常な血管ルート、血管の破綻(出血)、腫瘍の栄養血管などを塞ぐ方法。
UCG [英 ultrasonic cardiogram]
心エコー図。[英 ultrasound cardiography]超音波心臓検査法。
upper G.I. [英 upper gastrointestinal series]
上部消化管造影
US [英 ultra sonic]
超音波エコー検査。(略)エコー。
X線検査 [英 X-ray examination]
X線所見 [英 X-ray findings]
X線写真 [英 X-ray photograph] (略)X-P, Xp
X線像 [英 radiologic image]
X線透過性、X線透過像 [英 radiolucency]
X線不透過性 [英 radiopacity]
X線不透過像 [英 radiopacity]